奈良屋
- 老舗の風情とモダンな「ベッド和室」のコラボ -

老舗の風情満点なのに、モダンなセンスも光っている旅館、奈良屋。「老舗の風情も味わいたいけど、寝るのはベッドがいい」……そのワガママ、応えます。

風情ある老舗なら、「和室にふとん」でほんとに満足?

温泉情緒あふれる湯の町草津。こういうところで泊まるなら、やっぱり「風情ある老舗旅館でしっとり」といきたいところですよね。ごもっともです。

「いかにも老舗!」という感じの風情ある旅館なら、草津にはいっぱいそろっています。こういう旅館は、外からの見た目が純和風なだけじゃなくて、当然お部屋も全部和室です。和室で、座布団や座イスに座って、畳にふとんを敷いて寝る……というスタイルに抵抗がない人にとっては、和の情緒を満喫できていいでしょうね。

でも、みなさんは、お家ではどんなお部屋に住んでいますか?
特にお子さんとか若い人は、フローリングのお部屋で、ベッドに寝ていたりするんじゃないでしょうか。そんな人が、風情を楽しむって言ったって、純和風スタイルでほんとにリラックスして過ごせるんでしょうか。

「風情ある老舗旅館でしっとり……でも寝るのはベッドがいい」それはそれで、ごもっともです。

老舗の風情とモダンな「ベッド和室」のコラボ

そんな人におすすめしたいのが、奈良屋。明治10年創業の老舗です。
草津の中心・湯畑から、いかにも「湯の町」っていう感じの「観光のメインストリート」西の河原通りをちょっと行くと、のれんとちょうちんが目をひく奈良屋が見えてきます。まずは、「これぞ老舗温泉宿!」という建物の風情を楽しみましょう。中に入っても、「帳場(=フロント)」からロビーからお風呂まで、木のぬくもりがいい味出しています。

その一方で、奈良屋のふつうのお部屋は和室ですけど、「泉游亭フロア」なるエリアには、和室とベッドスペースを組み合わせたお部屋がそろっています。ただ和室にベッドがあるだけじゃなくて、ベッドも和室とマッチするように工夫してあるし、インテリアもモダンでなかなかおしゃれ。老舗でも、新しいものはどんどん取り入れていこう!という意気込みが伝わってきます。

奈良屋の温泉は、泉質自慢の白旗源泉のお湯。町中だけに露天風呂の眺めはナシですけど、木をふんだんに使っていていい感じ。夕食は、お部屋か個室食事処「蔵」で会席料理をいただけます。ただ、残念なことに、お部屋か食事処かは選べないそうです。食事処は席が限られているでしょうけど、お部屋食は希望を聞いてくれてもいい気がするんですけど……

老舗ならではの風情とモダンなセンスが融合した、「古くて新しい老舗」奈良屋。純和風旅館にあこがれる「ベッド派」のみなさん、おすすめです!

奈良屋の口コミまとめをチェックする

奈良屋のデータと地図を見る

↑ページの先頭へ

草津温泉お宿選びサポーター トップページへ

Copyright(c) 2013 草津温泉お宿選びサポーター All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme