草津温泉へ「JRパック」でお得に・手軽に

草津温泉へ「JRパック」を使ってお得に旅する……特に東京からJRで草津温泉に行くなら、検討してみて損はない「テクニック」です。

JRパックってなに?

旅行会社が売っているツアーの一種で、往復のJRのきっぷと宿泊がセットになったもの。「フリープラン」ともいいます。旅行会社のホームページで申し込むのが一般的。

「ツアー」といっても、添乗員もいないし、参加者みんなでゾロゾロと観光地を歩いたりするわけでもありません。日にちも自由に選べるし、往復の列車と宿が決まっている以外は、ふつうの旅行といっしょです。それでいて、自分できっぷを買ったり宿を取ったりするよりお得。JRのきっぷと宿をいっぺんに手配できるので、手間が省けて便利なのもポイントです。

とはいえ、注意しなきゃいけないポイントやデメリットもあるので、ちゃんと調べてかしこく利用したいところ。

JRパックのメリット

JRパックのメリットは、ひとことで言えば
「お得さ・便利さ」と「自由さ」のバランスがいい
というところ。

季節や曜日にもよりますけど、ふつうにきっぷを買ったり宿を取ったりするより、かなりお得です。「まとめ買いしてバラ売りしている」ようなイメージでしょうか。それと、きっぷを買うのと宿を取るのがいっぺんに済ませられるので、手間も省けます。忙しいときにはありがたいですね。

お得で手軽なだけなら、添乗員がいて観光地や移動など全部セットになった「パックツアー」もいっしょ。でもJRパックは、往復の電車と宿が決まっているだけで、あとはふつうの旅行と同じように、自由に旅できるのがメリットです。「好きなところを、自分のペースで自由に回りたい」という気持ちに応えてくれます。

個人旅行とパックツアーの「いいとこどり」といえるでしょう。

JRパックのココに注意!

自分できっぷを買ったり宿を取ったりする「個人旅行」と比べると、お得なだけにデメリットもあります。まずは、直前の申し込みができないところ。急に思い立って「明日草津温泉に行こう!」と思っても、JRパックは使えません。それと、申し込みのときに往復の電車を決めなきゃいけないので、気が変わっても帰りの時間は変えられません。変更や取り消しの条件も、個人旅行より厳しいです。

「パックツアー」と比べたときのデメリットは、スケジュールもまわるところも道も、全部自分で調べて決めなきゃいけないところ。時間が足りなくなったとしても、自己責任。でも、これって、自由なのがウリのJRパックを選ぶなら、デメリットというより「旅の楽しみ」ですよね。

JRパックは、日によって値段のアップダウンが激しいのにも注意。平日はかなりお得でも、週末は「お得度」が下がるし、ゴールデンウイークやお正月なんかは、個人旅行と変わらないくらいになっちゃいます。いつごろ、どの曜日に草津温泉に行くかによって、かしこく使い分けたいところ。

あと、「意外な盲点」ですけど、「申し込んだ時点では、宿は取れてもきっぷは取れるかどうかわからない」というところにも注意。旅行会社がJRの指定席を取るのは、申し込んだ何日か後です。それに、指定席の発売開始は乗る1ヶ月前なので、それより前に申し込んだらなおさら。

JRパックは、ふつうの個人旅行と違うところもいろいろあるので、メンドウでも旅行会社のホームページをしっかりチェックするのがおすすめ。

草津温泉へのJRパック

草津温泉へのJRパックを見てみると、前からある「特急草津」に乗る東京発のもののほかに、北陸新幹線ができたおかげで、軽井沢まで新幹線に乗る関西・中国地方発などのJRパックも加わりました。特急草津は1日2~3往復しかないし、北陸新幹線もちょうどいい電車が1本しかないので、選択肢が狭いのがネックですね。

JRパックにセットになっているきっぷは、東京発は長野原草津口まで、関西・中国地方など発は軽井沢までです。長野原草津口駅・軽井沢駅から草津温泉までのバス代は入っていないので、当日自分で払ってください。

宿は、当然その旅行会社が扱っているなかから選ぶことになりますけど、宿泊プランしか扱っていないところもあるので、「泊まりたい草津の宿がJRパックで検索しても出てこない!」ということもあり得ます。泊まりたいところのJRパックがあればラッキーだし、宿が決まっていないなら、いっそのことJRパックがある中から選んじゃう、という手もありますね。

JRパックで泊まれる草津温泉の宿一覧(日本旅行)

※周辺の万座・嬬恋エリアも含まれます

↑ページの先頭へ

草津温泉お宿選びサポーター トップページへ

Copyright(c) 2013 草津温泉お宿選びサポーター All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme