大阪→草津温泉:電車で

大阪など関西から草津温泉へ電車で行く場合、あまりいいルートがないんですけど、金沢→軽井沢経由で行くのがベストでしょう。あとは名古屋→長野→軽井沢経由くらい。プランのしかたや乗りかえなどをご紹介します。

「大阪-金沢-軽井沢-草津温泉」が新定番ルート?

大阪みたいに西側から草津温泉に行こうとすると、アクセスはあまり便利じゃありません。電車で行くルートは、完全に東京から行くようにできています。そんな中、軽井沢から草津温泉へバスが出ているので、これを使うのが賢いアプローチですね。北陸新幹線が開通したおかげで、大阪から特急サンダーバードで金沢へ→北陸新幹線で軽井沢へ……っていう、乗りかえが少なくて済むルートができたので、使わせてもらいましょう。

乗りかえが少なくてスムーズなルートなんですけど、難点は「ちょうどいい時間帯に、金沢発で軽井沢に止まる新幹線がなかなかない」っていうところ。夕食に間に合うためには、実質1本しかありません!大阪を11時台に出るサンダーバードに乗ると、この新幹線に間に合って、7時前に草津温泉に着きます。これが現実的なプランじゃないでしょうか。

宿によっては、到着が遅くなる場合は連絡が必要なこともあるので、前もって確認しておきましょう。あと、草津温泉行きのバスは、冬期間は本数が減るのにも注意。

特急サンダーバードは、大阪駅の11番のりばから発車します。新大阪駅なら12番のりば。ほとんどの電車は金沢が終点なので安心ですね。着いたら、新幹線の11~14番のりばへ乗りかえ。軽井沢に着いたら、北口の2番バス停から草津温泉行きのバスに乗ります。所要1時間16分。

北陸新幹線ルートなら、JRパックが使えます

大阪から草津温泉まで、北陸新幹線に乗るルートで行くなら、「JRパック」が使えます。往復のJRのきっぷと宿泊がセットになった、旅行会社のツアーの一種で、場合によってはかなりお得になります。きっぷと宿泊をいっぺんに手配できて便利なのもポイント。

お得なだけに注意点もありますけど、検討してみて損はありませんよね。

JRパックについてもっと詳しく!

「大阪-名古屋-長野-軽井沢-草津温泉」ルートもあります

大阪から電車で草津温泉に行くには、他に、新幹線で名古屋へ→特急しなので長野へ→北陸新幹線で軽井沢へ……っていうルートもあります。こっちのほうが、北陸新幹線の乗れる電車が増えるので、プランの幅は広がりますけど、新幹線に2回乗らなきゃいけないし、はっきり言ってめんどくさいです。かかる時間とか電車賃はそんなに変わりません。

大阪を朝7時くらいまでの新幹線で出れば、8時発のしなのに間に合って、昼の2時くらいに草津温泉に着けますけど、ちょっと朝早いですね。大阪を9時までに出れば、3時台に草津温泉に着けるので、これがちょうどいいところじゃないでしょうか。ゆっくりめがいいなら、名古屋12時発のしなのに乗れるように出れば、夕方5時台に草津温泉に着きます。

新幹線で名古屋に着いたら、10番線に移動して特急に乗り込みます。特急券は新幹線といっしょに買うと、乗り継ぎ割引で半額になるので、おすすめです。名古屋を出たら、終点の長野へ。着いたら、新幹線乗り場の11~14番線に移動して乗りかえます。軽井沢に着いたら、草津温泉行きのバス乗り場は北口の2番バス停です。

↑ページの先頭へ

草津温泉お宿選びサポーター トップページへ

Copyright(c) 2013 草津温泉お宿選びサポーター All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme