名古屋→草津温泉:電車で

名古屋から草津温泉へ電車で行く場合、なかなかいいルートがないんです。長野→軽井沢経由で行くのがベストでしょう。あとは東京経由くらい。プランのしかたや乗りかえなどをご紹介します。

「名古屋-長野-軽井沢-草津温泉」がベストでは

名古屋方面からだと、草津温泉はちょっとアクセスしにくいです。特に電車だと、東京から行くようにしかできていない感じ。そんな中で、名古屋から中央線の特急で長野へ→北陸新幹線で軽井沢へ→草軽交通バスで草津温泉へ……というルートが、距離も短いし安くあがります。

軽井沢駅~草津温泉を1時間16分~23分で結ぶ草軽交通バスは、4月半ば~11月は1日9本ありますけど、冬場は4本に減っちゃいます。12月~4月の草津旅行は要注意ですね。中央線の特急しなのも北陸新幹線も1時間に1本くらいあるので、バスがプランのポイントになるでしょう。

名古屋を朝イチに出ると、草津温泉に午後1時~2時ころ着くバスに乗れます。ゆっくりめに出て、草津に着いたら宿へ直行するなら、名古屋12時発のしなの→軽井沢4時台発のバス→草津温泉5時台着、っていうのがちょうどいいですね。

名古屋駅の特急の乗り場は10番線。特急しなのの切符は、前後の新幹線といっしょに買うと特急料金が半額になるのでおトクです。長野は終点なので気楽ですね。着いたら、新幹線乗り場は11~14番線。軽井沢駅のバス乗り場は、北口の2番バス停です。草軽交通バスは、有名観光スポットの旧軽井沢も止まるので、早めに行って軽井沢観光を楽しむのもいいですね。

東京経由は割高

草津温泉に電車で行くルートは東京中心にできているだけに、東京経由のほうがルートはシンプルです。「バスは苦手で、1時間以上乗るのはちょっと……」なんていう場合にも使えます。ただ、軽井沢経由よりだいぶ割高。

新幹線で東京に出た後は、特急草津と上越新幹線の2パターンありますけど、上野から草津温泉の玄関口・長野原草津口まで乗りかえなしで行ける、特急草津に合わせるのがいいでしょう。本数が少ないのがデメリットですけど、新幹線より割安です。

上野駅を一番最後に出る特急草津は、昼の12時12分発。この電車に乗ると、草津温泉には3時13分着。軽井沢経由でいう2時台発のバスと同じくらいの時間です。この電車をメインにプランするのがおすすめ。

東京駅に着いたら、京浜東北線・山手線や上野東京ラインで上野へ。上野駅での特急草津の乗り場は、1階の14・15番線です。山手線などとは違うフロアで、乗りかえに時間がかかるので注意。東京着から上野発まで40分くらい見ておきましょう。長野原草津口駅に着くと、10分後くらいに草津温泉行きのバスが発車します。25分くらいで草津温泉バスターミナルに到着。

泊まる宿はお決まりですか?

- 草津の宿選びお役立ちコンテンツ -

テーマ別草津の宿検索

温泉・食事・お部屋などなど、いろんなテーマで草津温泉の宿を検索できます。

草津の宿紹介&口コミチェック

草津温泉のオリジナリティーある宿をピックアップして、いち押しポイント・口コミ・データ・マップなどをまとめました。

↑ページの先頭へ

草津温泉お宿選びサポーター トップページへ

Copyright(c) 2013 草津温泉お宿選びサポーター All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme